きゃんどるブログ|キャンドル専門店パトラとルミナ

ときめいて きらめいて ゆらめいて めくるめく.。.:*・゜+.。.:*・゜キャンドルの炎.。.:*・゜
<< 5歳のちからで | main | 希望に向かって息をする >>
たとえばダンジネス・クラブ
苦手な地理を克服するためやっていることのひとつ。
ご当地グルメを想うこと。
ここにはこんなおいしいものがある! 行きたい!
希求する心に地図と情報が植えつけられるのではないかという期待を抱きながらひやひや

サンフランシスコの文字が目に入る。
検索。
シーフードに当たりをつけてたどっていく。

「サンフランシスコでダンジネス・クラブを食べるなら 『Crustacean(クラスタシアン)』」

暮ら〜し安心・・・♪
のCMがよぎる店名ばかりが検索結果に並んで、他にもお店はあるんでしょと思うものの Crustacean は日本人御用達のお店になっていて、日本語のメニューもあるようです。
ダンジネスクラブはアメリカイチョウガニのことでといわれてもピンとこないのだけど、ずんぐりむっくりした形で身が詰まっていて甘味がある蟹らしい。

ガーリックと粒黒胡椒とオリーブオイルで丸ごとローストしたダンジネスクラブは多くの方が画像にされていて、それはそれはおいしそうモグモグ
こんなの前にしたら断食の予定がキャンセルになること間違いなし。

手で・・・食べるんですね。名古屋で手羽先を食べるような?
ちょっと気取って入るお店だとあって品格を保てるのかどうか疑問ですが、
一杯の蟹にむしゃぶりつきまして、飲み物は・・・
とりあえずビールビール のちワインワイングラスは飲まなくちゃ♪

「カジュアルならアウターサンセットという地区にあるクラスタシアンの姉妹店「Thanh Long(タンロン)」
とあったのを付け加えておきます。

それから、「Yelpでは」という言葉も注意を引いたのですが、これはアメリカで人気のクチコミサイトでした。
アメリカ版食べログですね。心臓専門医も探せるそうですけどイヒヒ

もう少し見てみますと、ダンジネスクラブは幼少期を河口で過ごすらしく、近年カリフォルニア湾の水質汚染が規制され揚水場が適所に置かれてボーデーガ湾からモントレー湾にかけて蟹の生産高が上がり質もよくなったという記事がありました。

そこに間違いなくたどり着きたいと思えたらしめたもので世界は広がっていくのですー
| a閑話 :今夜もバーで ’14 | 00:22 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする (←ありがとう)









この記事のトラックバックURL
http://blog.patlumi.com/trackback/1028789
トラックバック
(最新) 記事一覧
カテゴリー
ブックマーク
アーカイブ
MOBILE
qrcode
PROFILE
Avoid gossip.
花のちょこっとイラスト
格子
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...