きゃんどるブログ|キャンドル専門店パトラとルミナ

ときめいて きらめいて ゆらめいて めくるめく.。.:*・゜+.。.:*・゜キャンドルの炎.。.:*・゜
<< 暗闇のバスタイム | main | 君が僕の息子について教えてくれたこと >>
美しいもの
線路脇の花

 ” 物はすべて美しさを持っています。
   僕たちは、その美しさを自分のことのように喜ぶことができるのです。”

先日8月16日(土)のTV放送。
『君が僕の息子について教えてくれたこと』 NHK総合
独特の感性が素晴らしくて泣かされました。

以下番組紹介より
いま無名の日本人の若者が書いた1冊の本が世界20カ国以上で翻訳され、ベストセラーになっている。タイトルは「The Reason I Jump」(日本題:「自閉症の僕が跳びはねる理由」)。著者は、当時13歳の東田直樹さん、日本で7年前に出版された、自閉症である自分の心の内を綴ったエッセイである。自閉症者自らが語る極めて画期的な作品だったが、ほとんど話題になることはなかった。それがなぜ突然、7年もたって、遠くイギリスやアメリカでベストセラーとなったのか。
この本を英訳したのは、アイルランド在住の作家デイヴィッド・ミッチェル氏。彼にも自閉症の息子がいる。日本語教師の経験があるミッチェル氏は、東田さんの本を読んでまるで息子が自分に語りかけているように感じたと言う。息子はなぜ床に頭を打ちつけるのか、なぜ奇声を発するのか、息子とのコミュニケーションをあきらめていたミッチェル氏に希望の灯がともった。そしてミッチェル氏の訳した本は、自閉症の子どもを持つ、世界の多くの家族も救うことになった。
ミッチェル氏はこの春に来日、東田さんと感動の対面を果たした。これは、日本の自閉症の若者と外国人作家の出会いから生まれた希望の物語である。


このブログ記事の冒頭に掲げさせていただいた東田さんのことばに揺さぶられていた心を鷲掴みにされました。
私たちが目指しているところに既に到達されているのだなあ。
健常者はまっすぐに生きていきたいと願ってもなかなかそうはいかないものだから、別の見方をすれば恵まれた人といえるのかもしれません。
東田さんの著書で、
息子さんが創作ノートにいたずら書きするのを嫌がっていたミッチェル氏が、「お父さんが働いている。じゃあ僕もしようとこういう仕事を始める。とてもかわいらしい」と意識を変えられまでになりました。

自閉症は精神が破綻していると見る人もいますが、ミッチェル氏の言葉を借りれば、「自分が感じていることを理解しているし、他の人が感じていることも理解している。ただ表現できないだけ」なのです。

他人の役に立つならばというご本人の了解のもと行われた脳のMRI検査では、
言語を理解する部分と言葉を話す部分との間の神経に異常があり伝達がうまくいかないこと、その代償に他人の意図を読み取る部分が健常者より大きいことがわかりました。

すべての自閉症の方にあてはまるものではないとしても、多くの方の希望になりますね。

一方、理解されず理解できず苦悩の人生を終えられた方の魂と、もっとこうしていたならばと悔やまれることになった方の魂がどうか救われますように。

再放送 8月22日(金)3:00〜3:59
| a閑話 :今夜もバーで ’14 | 19:49 | comments(1) | trackbacks(0)
コメント
自閉症が一般的な認識通りであったとしても幸せな人生を送られた方はいらっしゃるはずで、知的障害者を否定しているわけでは決してありません。
| ぱとるみ | 2014/08/19 6:40 PM |
コメントする (←ありがとう)









この記事のトラックバックURL
http://blog.patlumi.com/trackback/1028812
トラックバック
(最新) 記事一覧
カテゴリー
ブックマーク
アーカイブ
MOBILE
qrcode
PROFILE
Avoid gossip.
花のちょこっとイラスト
格子
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...