きゃんどるブログ|キャンドル専門店パトラとルミナ

ときめいて きらめいて ゆらめいて めくるめく.。.:*・゜+.。.:*・゜キャンドルの炎.。.:*・゜
<< いまさらガラムマサラ | main | 寒い山の花 >>
ごまの来歴
ごまの実がはじけて地面にばらまかれた種が発芽する。
生のごまが消化しにくいのは、動物に食べてもらって遠くに運んでもらいフンと共に新天地で発芽することを計画しているからに違いない。

だとしたら鳥に食べてもらうのがいいよなあ。

「うちのセキセイインコがゴマを食べました。大丈夫でしょうか?」
(与えておいてたらーっ
なんていう質問がありました。

胡麻はもともと野生の植物で原産地はアフリカのサバンナ、インド、栽培胡麻の発祥地はナイル川流域が有力だといいます。
紀元前3,000年から4,000年頃、カイロのファラオから胡麻種子が出土、
紀元前3,000年頃、モヘンジョ・ダロとハラッパ遺跡(現在のパキスタンから西インドに位置する遺跡)から胡麻種子が出土しているとか。

セキセイインコの祖先のインコがゴマをついばんだりすることもあったんじゃないかしら??

鳥がついばんでいるから安全なはず。食べてみようなんて、最初はコーヒー豆がそうだったように生で食べられていたのかも。

煎ると香ばしくなることをいつ誰がどうやって発見したんだろう?

古代では牛一頭とごま一粒を交換していたこともあったと言い伝えられているそうで、もし本当なら、当時は発芽率も低くて一攫千金狙いだったのかもしれない。

想いはめぐりますが、目の前の黒ゴマは人の営みを少しばかり教えてくれただけで何も語ってはくれませんでした。
| a閑話 :今夜もバーで ’16 | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする (←ありがとう)









この記事のトラックバックURL
http://blog.patlumi.com/trackback/1028844
トラックバック
(最新) 記事一覧
カテゴリー
ブックマーク
アーカイブ
MOBILE
qrcode
PROFILE
Avoid gossip.
花のちょこっとイラスト
格子
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...